トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

気が付いたら部屋の中の荷物が増えてしまい、整理したくても整理できないという方も多くいるでしょう。いらないものを捨てればいいと言われても、季節が変われば使うので捨てられないものが多い方もいます。そこで捨てられない荷物が多くて困っている方は、荷物を減らす方法を考えるのではなく、荷物の収納場所を増やすのも1つの手です。
収納場所を増やすといっても、自分の部屋の中で荷物をしまえるスペースには限りがあります。そこで家の中で収納するのではなく、家の外に荷物を収納する場所を借りましょう。荷物を収納する場所として借りられるのが、トランクルームです。トランクルームをレンタルすることによって、今使わないものを借りたスペースに収納できます。家の外に収納場所を増やすことによって、部屋の中の荷物を整理することにもつながります。
家の外で収納の場所をレンタルすると、お金がかかると心配する方もいるかもしれません。もちろんお金はかかりますが、横浜で格安で借りることができるトランクルームも多く存在しています。そのような格安でおすすめの場所を探して、少ない費用で収納スペースを増やすことが大切です。
荷物を捨てられないから片付けられないと決めつけるのではなく、しまう場所がないから片付けられないと発想を変えることで、部屋を片付けるチャンスが得られます。スペースを増やして片付け上手になるチャンスを増やして、部屋のスペースを有効活用できるようにしましょう。

トランクルームの使い方

トランクルームをレンタルして荷物の収納をする場合、効率の良い使い方を知っておくことが大切です。横浜で格安のトランクルームがあるといっても、借りることにお金がかかるのは事実です。少なからずお金がかかることだからこそ、効率よく使用することで、コストパフォーマンスの高い使い方をすることにつながります。
では、コストパフォーマンスを高い状態で利用するには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。そのポイントの1つとなるのが、トランクルームの大きさに注意するという点です。借りられるスペースは、ロッカーのような形のものから、4畳ほどの広さのものまで、さまざまなスペースのものが存在しています。ですが人によっては、4畳のスペースを借りたものの、思ったよりも収納したいものが少なくて、スペースを余らせてしまう方もいます。反対に、しまいたい荷物が少ないと思っていたものの、いざ収納しようと思ったらスペースが足りないという方もみられます。そのためピッタリのサイズのスペースを選択することが、上手な使い方をするための第一歩です。サイズについて考えるとき、床面積ばかりを気にする方もいますが、天井の高さも合わせて考慮することを忘れないようにしましょう。天井が高ければ、床面積が狭くても、上手に積み重ねたり棚を活用したりすることで、収納できる荷物が増やせます。天井の高さまで踏まえたうえで、どのように荷物を収納したいか考え、自分にあったスペースを借りられるようにしましょう。

トランクルームの種類

トランクルームのレンタルを検討するときに考えるべきことは、価格だと思っている方も多くいます。確かに月々の負担を考えると、横浜で格安で借りることができるのかという点も大切です。ですが価格ばかりではなく、トランクルームの種類についても考慮することを忘れないようにしましょう。
実はトランクルームは、大きくわけて屋内型と屋外型に分けられます。このうち屋内型は、文字通り屋内にあるレンタルできるスペースです。屋内なので日差しや雨風など、天候の影響を心配する必要がないのがポイントの1つです。また屋内であるため、防犯対策がしっかりしているという特徴もあげられます。屋内型の中には、24時間体制で警備員が常駐しているものも多いため、盗難などが心配という方は、防犯対策がしっかりしているスペースを選ぶのも1つの手です。
一方で屋外型の場合、駐車場などの一角を利用して、コンテナが設置されているようなタイプのものが多いです。駐車場などの一角を有効活用していることから、屋内にあるタイプのものよりも、料金が安いことが特徴です。ですが屋外に設置してあるコンテナの場合、夏場はコンテナ内の気温が上がりやすいなどのデメリットもあります。温度変化に弱いものを収納したいときには、注意が必要です。また屋外型の場合には、雨の日だと荷物を出し入れするときに濡れてしまう可能性があるという点も忘れないようにしましょう。2つのタイプの特徴を理解したうえで、自分にあったタイプを選択することが大切です。

トランクルームの選び方

実際に横浜で格安のトランクルームを借りたいと思ったとき、どのように選べばいいのかわからないという方も多くいるでしょう。レンタルするときには大きさや屋内型か屋外型かという問題も大切ですが、ほかにも重視しなければならない点がいくつか存在しています。
例えばトランクルームの選び方で重視しなければならないポイントの1つが、利用しやすさです。荷物を収納するスペースを借りた場合、収納した荷物を出したり新たな荷物をしまったりして使用します。そのため荷物の出し入れを行うときに、利用しやすいかどうかが大きなポイントとなるのです。例えば家具など大きな荷物を収納しておきたいと考えている場合には、収納スペースまでの持ち運びがしやすいかどうかがポイントの1つです。荷物を運ぶための台車が借りられるのか、収納スペースが2階なら十分な広さがあるエレベーターがあるのかなどの点を確認するようにしましょう。
ほかにも、トランクルームまでの交通手段についてチェックしておくことが大切です。例えば布団などかさばる荷物をしまっておきたい場合、車でレンタルした場所まで移動する方が多くいます。そのようなとき、近くに駐車場がない場所だと、荷物の持ち運びに手間がかかります。また家から遠い場所だと、毎回収納してある場所に行くだけで嫌になってしまう方もいるので注意しましょう。安く借りられるかも大切ですが、利用しやすい場所にあるのかということも無視できない問題です。

トランクルームに必要な費用・料金

トランクルームを借りるとき、料金について考えることを忘れてはいけません。横浜で格安で借りられるかどうかの月額使用料にばかり注目する方も多くいますが、レンタルするときに必要となるのが、月額使用料だけではないのです。契約時に初期費用が必要なので、最初にどのくらいのお金がかかるのか把握しておくようにしましょう。
一般的に初期費用として必要になるお金の項目が、使用料・管理費・事務手数料・鍵代・セキュリティ登録料の5つです。すべてのトランクルームで5つの項目が必要になるわけではないので、契約したいと思っている業者ごとに、どのようなお金が必要になるのか確認するようにしましょう。また使用料について、月の途中から契約すると損をすると思っている方もいますが、そのようなことはありません。月の途中で契約した場合では、使用料が日割りの計算となるため、損をすることはないのです。
月額使用料が格安のトランクルーム おすすめを見つけたと思っても、初期費用が高いと別の業者と契約したほうが安かったということもあります。後から契約したところより安い業者を見つけて後悔しないようにするためにも、最初にしっかりと比較を行うようにしましょう。そこでどのくらいの期間契約するのかという点まで踏まえたうえで、最初にかかるお金を含めた総合的な料金で比較することが大切です。数年単位で必要なお金を計算することで、最もお得な業者を探すことにつながります。